世界で一つ、あなただけのオリジナルの組み合わせでオーダーメイドで簡単に作成できる、願望成就のお守りに数珠ブレスレットが流行り、大変なブームとなりました。

事業として鉱石を取り扱う会社も増え、専門店や販売店の実店舗、オンラインでのネットショッピングを展開するストアも増え、関連する通信の資格取得講座やウェブサイトの発展から、情報も無料で入手しやすく、お客様に利用しやすいため、選択肢も以前と比べ大幅に広がっています。

天然石の原石を安い価格で手に入れようと、宝石や鉱物、化石などを海外から買い付ける卸業者や貿易会社の購入ページで会員登録をして、新着の商品入荷をチェックしたり、販売価格や原産地など詳細な条件を指定検索して、より高品質で価値ある在庫をとチェックしている人も多いでしょう。

初心者さんにとってはショップによって値段が違う理由や、低価格で買える石、品質の違いも不確かで、理由ありのsaleやお店を持たないオークションの出品商品など、何をどう選んだら良いのか選び方も迷ってしまいますよね。

お買い物するのに必要な確認事項や不慣れな方にも役立つ知識をまとめて順にこちらでご案内していきます。

天然石の原石は安い価格に裏がある?

パワーストーン専門店には連日、老若男女問わず、お友達同士やカップル、ご夫婦など沢山のお客様が訪れます。

はっきりとした来店の目的などが無くても、フラッと覗きたくなるような、キラキラとしたディスプレイが目を惹きますよね。

一昔前までは、占い師や宗教関係者、呪術師などが、腕に複数本、何連にも着用してそうな、いかにもな水晶の丸玉ビーズが連なったデザインが主流だったブレスも、今ではグッとお洒落になりました。

天然石の原石を安い値段で買おうと、狙いがあってお店を訪問した人でも、目移りしてしまうほど、素敵で可愛い、かっこいいアイテムが、店頭、店内に溢れています。

ハートやクロス、スターなどのモチーフになったビーズや、組み合わせる貴金属の素材も銀色や金色だけじゃなくピンクゴールドやホワイトゴールドなどラインナップ豊富で、細かな装飾が施された繊細なものも数多く揃っています。

ファッション性も高く、普段のコーディネートの中でも浮かずに馴染むステキなアクセサリーがいっぱいで、願いが叶うけど何となくダサい開運グッズというイメージは無くなりました。

日常的に使用しやすく人気のため、購買層も増え、気軽に立ち寄れる入りやすい店舗や通信販売が増えた反面、樹脂やガラスの模造品や粗悪な偽物、紛い物を、実際の価値に効果な金額で売りつける悪徳なお店の存在も問題視されています。

私はプロの鑑定士だから嘘を見極められる、詐欺やインチキには騙されない、という人ばかりでは無いでしょうから、信頼できるお店で信用できる専門知識豊富なスタッフから、安心・安全な取引をすることも重要です。

邪気を祓うと言われるアメジストドームや、ファントムアメジストクラスター、古代の叡智感じるレムリアンシードのウルグアイ産とブラジル産のどっちがいいかとか、日本の宝石の原点と言われることもある糸魚川翡翠として売られている物も本物かどうかなんて、長く石を好きだからと言って分かるようになるかというとそうではないですからね。

天然石を原石で安い破格のお値段で見付けても、お値打ちだからと飛び付かず、売っているお店やユーザーが本当に本物を激安で販売しているのかどうか、チェックするのは必須になります。

SALEなどでお手頃価格になっているだけなら良いけれど、もしかしたらニセモノの可能性もありますので、表示された税込み価格や送料、決済方法などを見るのと同じように、そのお店の評価やクチコミレビューで他の人の意見を見る、引っかかる点は直接質問したりメールで問い合わせるなどして、フィードバックの様子を見て、不安な気持ちは解消して置くのが得策です。

半信半疑になったり、疑うことに罪悪感を感じる人もいますが、お得だと思った石が人工加工されたガラスだったら、悔しい思いをすることになります。

特にWEBサイト上での通信販売の場合だと、レアな一点で早い者勝ちだったり、クーポンやポイント付与が凄くても、upされた写真画像でしか商品を確認できませんので、注文前に抜かりなく販売者をチェックして、納得のいくお買物をすることが大切です。

天然石を原石で安い値段で取り扱うことが出来るのは、どうしてなのかを知ることも大事。

リサーチの方法としては、公式ホームページや口コミのランキングサイト、公式SNSやブログ、会員登録で届くメールマガジンなども事前に調べておくと良いでしょう。

天然石が原石で安い:店舗で入手

クリック1つでお買い物が出来て、わざわざ訪れる労力も要らないネット通販に比べ、お店に行くには交通費もかかり、在庫切れだとお目当てのものも手に入りません。

ですが、すべての品物をその場で実際にあなたの目で見て、手に取って触って感触を確かめることが可能です。

その時、その瞬間だから出会えた掘り出し物に遭遇するのもまた楽しみです。

天然石を原石で安い代金で買おうと思ったら、石の名前と値札だけならどこでも比べられますが、出会ってみてのインスピレーションや直感も選ぶヒントになります。

重さや質感を確かめられる店舗での購入は、しっかりとした経験と実績のある店員さんとの直接会話が叶うところも魅力的。

不思議な力が宿ると言われるパワーストーンは、石の方からあなたを選んで語りかけてくることもあります。

一期一会の出会いを探して、出向いてみることで、思っていたのと違う発見や発想が湧いてくる時もあります。

何より、1つ1つの石を現場でじっくり眺め、雰囲気を味わうのも、石が好きなら何より有意義な時間になるはずです。

多種多様で豊富なアイテムバリエーション

天然石が原石で安い?と聞いて初めてSHOPに行ってみたら、豊かな商品の数々に圧倒されるかも知れません。

専門店では、主力となるオーダーメイドの腕輪を作成する席以外にも、色々な商品を販売しています。

浄化に使うクラスターやさざれ石、ホワイトセージやパロサント、クリスタルチューナーなどを初めての石とセットで扱っているお店もあれば、手作り作家さんに嬉しい工具やハンドメイド資材を用意しているお店もあります。

アクセサリーのタイプも、ペンダント、ネックレス、リング、ピアス、イヤリング、アンクレット、ブローチなどのポピュラーなものを始め、ヘアゴムやポニーフックなどのヘアアクセサリー、バッグチャーム、根付などの季節の和装小物に、手作りキットなど、様々です。

器用じゃなくても、簡単に制作できるハンドメイド用のルースを貼るだけの台座もあります。

ジュエリーのように美しくカットされたルースを可憐な彫刻を施された台座に装着するだけで、オリジナルのグッズが作れるので、カラーを揃えて推し活にも利用しやすいです。

天然石が原石で安いお店なら、他の商品も安価に設定されている場合が多いので、握り石としてお守りに使えるタンブルや、コースターのように板状になった置石などインテリアに馴染む小物も併せてcheck出来ます。

磨き加工でツルツルに研磨されたストーンは、未加工の石と比較すると鋭利な部分も無く安全で、星型や六角柱など形もいろいろ、サイズも選べます。

置物、オブジェとしてはもちろん、空間の浄化や、小ぶりなものはタンブルホルダーに入れて持ち歩くのもオススメ。

古来から地球と共生してきた神秘的な力があなたをサポートしてくれます。

天然石が原石で安い:ネットショップで入手

天気や体調に関係なく、移動中の電車の中や職場の休憩中、すっぴんでもベッドの上からでも、タップするだけで気軽に一覧を見る事ができ、カテゴリー別に振り分けられた分かりやすい画面から、お気に入りをカートに追加するだけ。

使用できる支払い方法も各種クレジットカードや銀行振込み、ゆうちょ銀行、電子マネーなどにも幅広く対応していて、発送されれば、ご自宅の玄関先まで、あなたはもう待っているだけで配送業者が最短で届けてくれる便利なnet shop。

全国どこの地域からでも足を運ばずレアで希少な石を探す事ができ、遠方からでも自由自在に買い物が出来、おすすめコーナーや特集など閲覧するだけでも目移りする楽しいページも数多くあります。

天然石を原石で安い料金で手に入れようと思ったら、同梱での送料無料サービスなども見逃せませんよね。

スポンサー多数の大手のネットショッピングサイトなら、石以外の、レディースアパレル、ベビー用品、ゲームや楽器、スポーツ用品、文房具、おもちゃ、カメラ、印鑑などたくさんの専門店が入っていますし、買い周り何店舗でポイントが10倍になるなど大きなキャンペーンも頻繁に開催されていますので、何か他のお買い物とご一緒に利用することで、還元率が格段に上がり、実質無料のようなお値段になることもあります。

月額制の動画配信などでAmazonプライムなんかを使っていたらショッピングの方でも大体は次の日には到着して、送料も0円です。

天然石が原石で安い:webオークションなどで入手

フリーマーケットで出店しているお店にお買い物に行くように、ネット上で個人作家さんの商品が直接購入できるオークション。

ハンドクラフト作家さんが集まるCreemaなどのサイトでは、天然石を販売するクリエイターさんもたくさん出展しています。

大量生産ではないため、他では出会えないものに出会える確率も高く、人と被りたくない個性的なおしゃれが好きな人には打ってつけです。

天然石を原石で安いものを手に入れようと探していると、正規のお店よりも、掘り出し物的に買えるところはないかなと一度は考えるかと思います。

ブランド物や日用品などありとあらゆるものが出品されるオークションやリユースショップは、処分価格になっている場合も多いので、注目すべき市場でしょう。

おうちの不用品を価値の分からない人が要らない物として断捨離していることもあり、破格のプライスが付けられていることもあります。

宝探しのような楽しみもあり、利用者の中には、目利きとして価値あるものをコスパを抑えて買い占めて、相当する値段で転売してそれを事業にしている人もいるほど。

天然石は原石で安い価格で不用品として出品されている場合もありますが、出品者が素人だったり、譲り受けたものを売っている時もあり、管理の仕方や保存方法、品質などがはっきりしないなどの懸念もあります。

びっくりするような目玉商品が見つかる可能性もあれば、手元に届いてよく見てみたらガラクタだったという失敗も起こりうるので、お買い物する際は、priceと画像のほか、Sizeや鑑定書など付属品があるならそれも確認して、気になるところは問い合わせて返答を貰っておきましょう。

返品や返金が不可能なことも多いので、チェックするに越したことはありません。

天然石が原石で安い理由:ネットのメリット・デメリット

世界中の各地から採掘されてお店に並ぶまでの間に、たくさんの流通経路を経て、あなたの手元に届く天然石。

夢を現実化し、理想を引き寄せる力を貸してくれるパワーストーンは、算出される場所や色、模様や硬さもバラバラで、1つ1つの持つ意味や働きも違ってきます。

名前も鉱物名以外でも正式名称より有名な通称を持っていたりして、不慣れだと混同してしまいがち。

天然石が原石で安い値段で売られていても、名前が違うから気が付かないなんてこともあるでしょう。

アンバーは琥珀、ロードクロサイトはインカローズ、ブルーペクトライトはラリマー、ジェダイドは翡翠(ヒスイ)、ターコイズはトルコ石、アクアマリンは緑柱石、クロノクロアはセラフィナイト、アゲートは瑪瑙(メノウ)、フローライトは蛍石、ラピスラズリは瑠璃、などなどどちらを知っていましたか?

どっちも同じ石ですが呼び方が違います。

パワーストーンと呼ばれる鉱物の中で最もメジャーなものは石英です。

別の名前で呼ぶとクォーツで、透明度が高く無色のものをクリスタルクオーツ、浄化に使うクラスターなどもこの水晶の原石、群晶が一般的です。

構造の違いで、多くの色や種類があり、紫水晶はアメジスト、紅水晶はローズクォーツ、黄色だとシトリン、黒水晶はモリオン、金線が入ったルチルクォーツや鉄分の黒い針が入ったブラックルチルクォーツ、本来のルチルではありませんがアクチノライト入り水晶であるグリーンルチルクオーツ、煙水晶と呼ばれるスモーキークォーツ、レッドファントム入り水晶、レモン水晶、他に、アゲートやアベンチュリン、カルセドニーやカーネリアン、ジャスパー、クリソプレーズなども石英の種類です。

天然石を原石で安い価格で探している人にもとても人気がある種類です。

宝石の値段は、流通にかかるコストや品質、希少性やsizeによって変わってきますし、ネットショップがメインだと実店舗を持つ維持費用が掛からなかったり、卸だと間の経由で発生するマージンが発生せず値札のプライスを下げても利益が出るなど、価格を押さえられる理由ありです。

onlineで買い物する場合は、24時間いつでも好きな時間に、開店や閉店など営業時間を気にせず、外出も不要で商品をオーダーでき、わざわざ遠くの違うお店まで時間をかけて行く必要なく、比較検討もボタン一つでできます。

販売員さんに話しかけられるのが苦手な人もマイペースで自分のペースをキープできます。

多くのお店や在庫を1つのモニタで便利に検索できることも大きなメリットと言えるでしょう。

現物を購入前に確認できないので実物と違う商品が届くかも知れないことや、買ってすぐ手元にあるわけではなく、郵送などの時間がかかります。

天然石が原石で安いと思っても、写真が綺麗だからと言って、届くまで油断は出来ません。

大型のものになると配送代も高くなる場合もありますし、段ボールや緩衝材などの梱包資材などの処分も必要になります。

アフターサービスや補償などフォロー体制のチェックもお忘れなく。

実店舗のメリット・デメリット

実店舗としてお店を構えているところに直接伺って、お店で買い物するときは、現物を見ることが出来るという点が最大の美点でしょう。

触ってもいいお店なら、質感や感触、重さなどを確かめて石の印象をダイレクトに感じることができます。

パワーストーンはしゃべったりしませんが、地球上に遥か昔から存在し、成長してきた生命エネルギー体です。

植物や動物のように波動を持ち、それを放出していますので、敏感な人なら、触れただけで熱く感じるほどエネルギーの高いものもあります。

天然石を原石で安いと思ってネットで見付けても、分かりにくい、何となくピンと来ないというときは、お店を訪ねて見たら全然違った感想になるかも知れません。

ショーケースの中に飾られているヒマラヤ水晶クラスターなどディスプレイの大きな石なども、了承を得れば、確かめられる場合も多々あります。

詳しい店員さんが常駐しているお店では、占いを開催していたり、カウンセリング予約ができるところもあり、こんなイメージで、こんな効果のもの、というようなあやふやな希望でも、親切に提案してくれるので、自分一人で選ぶのとはまた違った角度から石を選び出すことができます。

自分の現状や状況、悩み事や理想を伝えて、しっくりくる石を紹介して貰うのも良いでしょう。

誕生石や守護石、星座石などを教えて貰うことで、よりパーソナルで愛着の湧く石に出会えたり、プロに直でアドバイスを貰えるのは初心者さんには頼もしいですよね。

逆に、人見知りだったり、ショップ店員という人種がどうしても苦手という人もいると思います。

緊張して気疲れしてしまったり、絡んでくると身体がこわばって早く出なくちゃと慌ててしまうようでは、ゆっくり選べず、お店に行っている良い部分が活かしきれません。

天然石が原石で安いと思っても、接客トークに流されて本当は欲しいものとは違うものを買ってしまうことも。

それでは本末転倒ですので、困ったときには、「何かあれば声をかけます」と伝えておくと良いでしょう。

オーダーメイドで腕輪の作成をしているお店などでは、素人では気付きにくい硬度のことなども含めて配列を見て貰えたり、お手入れの方法も説明して貰えるので、買った当日で終わりの付き合いではなく、困ったら頼れる場所があると思うことで安心感もあります。

パワーストーンで1番種類が多いのは、前述の石英ですが、鉱物の硬さの尺度であるモース硬度では、石英は7に相当します。

モース硬度は、ドイツの鉱物学者、フリードリッヒ・モース氏が定めた尺度なので、その名前に由来してモース硬度と言うのですが、大体全部硬そうに見える石にも、硬さの大小があり、硬いものとこすれ合うと傷が付いてしまうんです。

天然石の原石を安い価格で見つけても取り扱い方を知らなくて、思いもよらず傷付けてしまったり、壊れてしまったら悲しいですよね。

硬いものほど数字が大きく、柔らかいほど小さい数字で示されていて、石英やトルマリン、ひすい、ジャスパーなどが7なのに対して、ダイヤモンドが10です。

9にサファイヤやルビー、エメラルドは7.5〜8、と硬く、クォーツと隣り合って擦れあうと、クォーツの方にキズが付きやすくなっています。

その差が-1、-2、-3、-4と開くほど、簡単に結晶に傷がつきます。

ガーネットは7〜7.5とクオーツと同じ程度ですが、クオーツより柔らかいもの、つまり石英が傷を付けてしまう可能性のある石も数多くあります。

例えば、ラブラドライトやパイライトは6〜6.5、アンモナイトの化石宝石、アンモライトや、フローライトは4、ピンクマンガンや大理石の名前で知られる宝石名ではカルサイトという石は3、アンバーやデザートローズは2、タルクは1です。

同じ硬度同士だと擦れ合っても傷はつかないので、ブレスを作る際、気になる方は、ラリマーブレスレットとして、単一のbraceletに仕上げるというのも1つの手です。

天然石が原石で安い:展示会

紅茶の祭典があったり、爬虫類の展示即売会があったりするように、パワーストーンにも専門のイベントがあります。

お客さんは一般の人からショップの人や個人製作の作家さん、アーティストや、石やイベント関係のライターさんや編集さん、鉱物好きのファンの人など様々です。

天然石が原石で安い催事としても有名です。

一般の人が卸値価格でお手頃に質の良い石を購入できるとあって、毎年人気を博しています。

規模の小さなものから大きなものまでありますが、会場によっては入場規制が出るほどの需要があり、整理券を配布したり、行列を作ったりするところも多いです。

石を好きになってくると、何かを検索しているときに広告で見かけたり、店頭でフライヤーを貰ったりして、イベントを知った方も多いのではないでしょうか。

ミネマルマルシェ、ミネラルショーなどと呼ばれ、毎年恒例という感じで開催される場合がほとんどです。

運営の公式HPでその年の催し会場の場所や日時は告知や発表がされますが、一度行けば参加しているショップでお買い物をした際に登録したメルマガや、会場で申し込みをしたダイレクトメールの送付希望によって、案内のハガキが送られてくる場合もあります。

仲介が最小限になっているため、お安くお値打ち品を見つけられるほか、普段は旅行でもなかなか行けないような遠征必須の遠い有名店が、この日のために駆け付けて、あなたの街に来ているチャンスです。

天然石を原石が安いからと探しにフラッと出かけて、ネットショッピングのように、多数の店舗を一度にその場で比較することもできます。

商人さんとの交渉も楽しく、参加者に向けて著名な鉱物学者の先生がセミナーの時間を設けている事もあり、一石二鳥どころじゃない見どころいっぱいのお祭りですので、一度も行ったことが無くい方はぜひ足を運んでみてくださいね。