英会話23日目(国際線・機内アナウンス)

|

30日間英語脳育成プログラムを続けててホントによかった。
ようやく今日になって、そう感じられるようになりました。

30日間英語脳育成プログラム

昨日、英語のナレーションが入ったあるソフトウェアの説明ビデオを見たのですが、ずいぶんとリスニング力がアップしているせいか、ほとんどの機能の説明を漏れなく聞き取れたからです。

こういう体験って、英語の学習をしていてもそう多くないことだと思います。
なぜなら、リスニング力や英会話の総合力って、ほんの少しずつ、地道に成長するものだからです。
だから、自分で「あっ!英語力がアップしてる!」なんて気づくことはほとんどない。
たいていは、気づいたら聞けるようになっていた、とか、話せるようになってた。なんて感じだと思います。

このプログラムを続けていたおかげで、短い期間でそれを感じることができました。
そりゃ楽じゃないですよ。
短期間で進歩を感じるためには、クタクタになるまでリスニング・ディクテーションをしなけりゃならなかったし、シャドウイングもかなりキツかったです。
でも、その成果が実る瞬間がやってくるのは本当に嬉しい。

どんな英会話教材でもそうだと思いますが、この瞬間が味わえるときがくるまで、続けるべきですよね。


さて、今日の内容は国際線の機内アナウンスです。
国際線に乗ったのは実は一度きりなんですが、英会話教材系ではこの機内アナウンス、よく取り上げられます。
ですから何度か聞いたことはありましたが、30日間英語脳育成プログラムの場合は、内容の多さもスピードの速さもかなりリアル。
他の英会話教材のものが、手加減(?)されているのがよく分かります。

摂氏29度とか華氏84度。
高度何フィートとか時速何マイルとか、普段聞きなれない英語が出てきます。

また、今日はスクリプトには30,000フィートと書いてあったのですが、音声では何度聞いても3000フィート(three thousand feet)に聴こえました。

ちょっと調べてみたら、国際線の飛行高度は30,000フィート以上、国内線は30,000フィート以下なんて記述がありましたから、ここは30,000フィートが正しいのでしょうが。。。何度聞いても30,000フィート(thirty thousand feet)には聴こえませんでした。。。

さらに詳しくはこちら

このブログ記事について

このページは、Yukioが2009年3月27日 10:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「英会話22日目(A husband's worth)」です。

次のブログ記事は「英会話24日目(健康管理は何から始める?)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • images